種さんについて | 安納芋のことなら「種さん」通販にお任せ!おいしい芋を取り揃えております。

商品一覧
はこちら

about

生産者紹介

お芋のことなら種さん農園へお任せください!

安納いもブランド推進本部(K-GAP)で認められた、
蜜溢れる甘味いっぱいの安納芋通販なら『種さん』へ!

本場種子島で畑作りから一つ一つ丁寧に育てた、
安心・安全な安納芋がお買い求め頂けます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

安納芋について

安納芋は種子島以外の地域でも栽培されていますが、鹿児島県、その中でも西之表市、中種子町、南種子町の3市町と農協、生産者が一体となって、安納芋をより美味しく召し上がっていただけるよう品質向上を目指しています

以前の安納芋は品質や味にばらつきがありました。そこで、安納芋のブランド化を目指して平成22年に安納いもブランド推進本部が設立され、基準を満たした芋が「安納いも」というブランドとして認められています。こうした取り組みのおかげで質の高い安納芋の栽培・提供が可能になりました。当農園も安納いもブランド推進本部に加入し、栽培技術や品質向上を目指して栽培をしています。そして認定を受けたお芋だけを自信を持ってお届けしています。
種さんの栽培方法は苗の選別から始まります。良質な苗を選別する作業を何度か繰り返し、ウイルスに感染していないバイオ苗のみを栽培しています。そして、栄養豊富な土壌はフカフカになるまで天地返しを繰り返し、 まさに、フトンのような畑に「安納いも」を作っています。
掘りたての安納芋は簡単に皮が剥けるので、箱詰めまでの作業は気を抜かず丁寧に行います。
そして、収穫してから3週間ほど熟成させて出荷します。この熟成期間を経て非常に甘いお芋が完成します。
ぜひお試しください!

「さつまいも」のルーツ

江戸時代に普及した「さつまいも」

さつまいもは何度か日本へ持ち込まれた歴史があるそうですが、薩摩(鹿児島)に伝わったことがきっかけで日本全土に普及していきました。

歴史は江戸時代の元禄11年(1698年)に遡ります。当時種子島では天候の影響で作物が被害を受け、貧困に悩む人々が大勢いました。ちょうどその頃第19代島主:種子島久基は琉球で栽培されている甘藷のうわさを耳にし、琉球王国王・尚貞(第二尚氏王統11代)に、島民のために甘藷(かんしょ:当時のサツマイモの呼称)を送ってほしいとお願いしました。
琉球国王は快くその願いを聞き入れ、一篭の甘藷を久基のもとへ送り届けてくれました。種子島久基は家老の西村時乗に島の貧しい人々の救済事業として農民を選び甘藷を急ぎ栽培させるようにと命じました。そこで西村時乗は農民の中で最も信頼を置く大瀬休左衛門に甘藷の試植を命じました。
大瀬休左衛門は種いもを土に埋めたり、芋づるを地中にさしてみたりと様々な方法を試みました。その結果、さつまいもの栽培に成功し、種子島では主食作物として多くの人に栽培されるようになりました。その後、薩摩藩を通じて九州に持ち込まれ、8代将軍徳川吉宗の命を受けた青木昆陽がさつまいもの栽培を成功させることにより、日本全土にさつまいもの栽培が普及し、日本人にとって身近な食物になりました。
甘藷が中国から琉球に伝わり、琉球を経て種子島にもたらされたということで、当時中国のことを「唐の国」と呼んでいたことから、現在に至っても甘藷は鹿児島で「からいも」と呼ばれています。

取扱い品種・出荷カレンダー

出荷カレンダー

安納芋

安納紅・黄金
安納紅と安納黄金は登録品種苗として登録された安納芋のことで、安納紅と安納黄金は種子島のみで栽培が許可されています。
安納紅は表皮が赤い為「安納紅」と呼ばれています。
そして表皮が安納紅よりも白っぽく、中身が黄色の安納芋が「安納黄金」と名付けられました。どちらも粘り気のある食感で、糖度が高いので焼き芋にしたりスイーツにしたりと色々な料理で楽しめます。

安納紅の吊るし
安納紅の吊るしとは、収穫した安納紅を蔓から切り離さず吊るしたもののことを言います。
元々は保存方法の一種だったのですが、この方法で保存された安納紅は糖度が増しねっとりとした触感になります。
熟成した吊るし安納紅はそれ自体がスイーツを呼べるほど甘い芋になります。

種むすめ

人参芋に分類され、人参のように断面がオレンジ色でカロテンが豊富なため人参芋と呼ばれています。
主に鹿児島県で栽培され、生産の難しさから貴重な芋として知られています。
安納芋程糖度は高くなく、しっとりとした食感です。
ほど良い甘さなのでどんな料理にも合わせられます。

紅はるか

糖度が非常に高く、甘いさつまいもとして知られている安納芋よりも甘さを感じられるお芋です。
食感はしっとりとしており、安納芋のような粘り気はありません。
甘くて食べやすいのでとても人気にある品種です。
焼き芋にするとさらに甘さを感じられます。

種子島ゴールド

種子島紫芋のことで、別名「種子島ゴールド」と呼ばれています。
その名の通り種子島で栽培が始まり長年親しまれてきました。
表面は白色ですが断面が紫色で、火を通すとさらに鮮やかな紫色になります。
スイートポテトなどのスイーツや焼酎の原料など幅広く使われています。

安納芋の栽培方法

安納芋収穫までの流れ

種子島で栽培されている安納芋の栽培方法について紹介致します。
栽培時期は大まかに、4月下旬~7月上旬までに苗の植え付けを行い、9月下旬~12月上旬までが収穫時期になります。

1.苗の準備

2月上旬頃に苗床の準備を開始します。
種芋を植えて苗をが出てくるまで育てていきます。
ウイルスフリー苗の「バイオ苗」は、ビニールハウスの中で挿し苗で増殖させます。

安納芋の苗は茎が太くて、葉の色が濃いのが特徴です。
苗が出てきたら、節数が7~8つあり、長さが30センチくらいのものを選んで切ります。
切ったその日には植えずに、倉庫などで3~4日保管してから植え付けます。
切ってすぐの状態では、発根していないため、数日間保管することで、発根し、植え付けが出来る状態になります。

2.圃場の選定・準備

圃場とは、作物を栽培する畑のことをいいます。
安納芋の栽培において、圃場の状態は、安納芋において最も重要な糖度を左右するものなので、糖度を向上させるために、通気性や排水性の良い膨軟な圃場を選ぶことが大切になってきます。
種子島の土は、安納芋の栽培に適しており、また、当農園でも理想の圃場を作る為に、努めてきました。

圃場の準備では、耕起、砕土の作業を行います。
これによって、安納芋の形状に影響が出てきますので、良い形状で出荷する為にも大切な作業になります。
耕起、砕土は、一度ではなく、植え付けを開始するまでの間に5回程度入念に行っていきます。

肥料の準備

圃場を準備していく中で、肥料の準備も進めていきます。
肥料は、牛糞堆肥を全面に散布していきますが、地力(その土地の持つ農作物の生産力)や前作の際に残っている肥料の状況などを確認しながら肥料の散布を計画していきます。

畦立て

畦立ても圃場準備のひとつです。
畦立ては適度に土壌水分がある状態で行うことが大切で、その他の青果と同じく、安納芋の場合も畦の幅は90センチ程度が一般的です。

3.植え付け

いよいよ植え付けを行っていきます。
株間は約30センチほどで、7節ある苗の5節を土に植えていきます。
安納芋の植え方には、「垂直植え」と「斜め植え」、「水平植え」の3種類があります。
苗を斜めにさして植えていく「斜め植え」が一般的ですが、「水平植え」にすると多く実らせることが出来ます。

4.収穫

植え付けから収穫までの間は、天候などの状態を見つつ、栽培状況を確認し、時期を見て収穫していきます。
安納芋の場合、植え付けから約120~140日の間に収穫していきます。
収穫が遅れてしまった場合、芋自体は大きくなりますが、形が悪くなったり、糖度が上がりにくい場合もあるので、収穫時期の見極めも大切な要素の一つです。

収穫は必ずに晴れた日に行います。
雨の日でも収穫は可能ですが、保管している間、安納芋が長時間濡れた状態になってしまいますので、非常に腐りやすくなってしまいます。
晴れた日に収穫し、日に当てて乾燥させることで、湿度の低い状態を保ち、芋が長持ちするようになります。

収穫後は、保管し、熟成させていきます。
安納芋の場合は、13~15度の中で一か月以上貯蔵することで、安納芋の含むでんぷんが糖にかわっていき、甘味が増していきます。皆様のお手元に届くころには、ちょうど食べ頃になっている状態です。

メールフォーム

商品一覧

安納芋専門店 種さん

安納芋専門店 種さん
〒891-3701
鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2144

種子島産のおいしい芋「安納芋」を産地直送で皆様の食卓へお届け致します。規格外の商品もございますので、よりお求めやすい価格でご購入いただけます。焼いたり蒸したりするシンプルな調理から、サラダやグラタン、スイーツまでと幅広いメニューでお楽しみ頂けます。是非、当店の通販をご利用下さいませ。

  • 0997-26-6626
    fax:0997-26-2432
  • メールフォーム
  • 営業時間:月~金 8:00 - 17:00土曜日 8:00 - 12:00 定休日:日曜日

ページの先頭へ